大湯沼 登別温泉


JHA online store


登別温泉観光での一つのハイライトとなるのが大湯沼まで続く簡単なウォーキングコースです。多少の階段、アップダウンはありますが往復でゆっくり1時間半もあれば行って帰ってくることができます。大湯沼へと続く道も最初は大迫力の地獄谷沿いの道を歩くため登別で時間がある場合是非お勧めの観光地です。登別は温泉だけではありません。どうせいくなら1日はしっかり観光に充てたいところです。

大湯沼 登別温泉

登別大湯沼と支笏洞爺国立公園
oyunuma

登別温泉は支笏洞爺国立公園という広大な規模をもつ北海道の国立公園の中に位置しています。支笏洞爺国立公園には国立公園の名前にもなっている支笏湖、洞爺湖等が含まれており湖の周囲には活火山、湖沼が点在しており、登別温泉は巨大な国立公園の火山、湖沼の一部となっています。登別温泉とその周辺地域は倶多楽(クッタラ)火山を中心に形成されており、登別では大湯沼、地獄谷より温泉が湧出しております。登別温泉は北海道を代表する温泉地となっています。また登別近郊にはカルデラ湖の倶多楽湖、そしてカルルス温泉があります。

大湯沼 登別温泉

登別温泉大湯沼とは

登別温泉の中にある大湯沼とはいったいどんなところなのでしょうか。大湯沼とは近くの日和山噴火の際の爆裂火口跡で、ひょうたん型の沼です。地獄谷沿いの木道を歩き森の中を約40分歩いていくと大湯沼にたどり着きます。

常に湯気が立ち、沼の表面はぶくぶくと気泡が上がっていて、まるで地獄の釜のようです。ここは地球ではないのではと錯覚する迫力があります。沼の底は130℃もあるようです。

大湯沼を見るポイントは2か所あり、最初のポイントは地獄谷から大湯沼へアクセスする木道沿いに展望台があります。ここでは眼下に大湯沼と背後の山々の素晴らしいコントラストを見学できます。2つ目のポイントはまさに大湯沼の近くの駐車場からの眺めです。登別温泉の源泉でもある、温泉が湧き出ているところは通常立ち入り禁止が多いですが、この大湯沼は本当に沼の間近まで歩いていくことができるのです。

大湯沼 登別温泉

かつては硫黄の採取が行われていた

登別温泉の大湯沼では、かつては沼底に堆積する硫黄を採取していたことでも知られています。通常地獄谷の駐車場で駐車料金を払うと大湯沼にある駐車場を無料で利用することができます。約40分の徒歩での散策に自信がない方は車でのアクセスも可能です。ここ大湯沼は、登別温泉に訪れた人にはぜひ行ってみてほしい登別観光スポットの一つです。

お勧めはやはり地獄谷を横目に木道を歩いて大湯沼に到着するコースをお薦めします。森林浴も楽しめるため気持ち良いウォーキングになることでしょう。そして大湯沼を見たあとはもう少し頑張ってさらに奥に位置する天然足湯に是非行ってみてください。大湯沼から徒歩で約10分歩くと森の中へと続く階段があります。そこを降りていくと川が見えてくるのですが、なんとこの川は大湯沼から流れ出す温泉なのです。

登別温泉の源泉でできた川沿いの道を歩いていくと天然足湯に到着します。ここでは温泉の滝を見ることもできますし、座る場所と床に敷くシートも用意されているため、森林浴をしながらのんびりと足湯を楽しむことができます。シートについては少々ドロドロになっていることが多いので、心配な方は自分でシートと足を拭くタオルを持参されると良いでしょう。

大湯沼 登別温泉

登別温泉大湯沼の泉質と効能

登別温泉は温泉のデパートと言われており、硫化水素泉、食塩泉、鉄泉、重曹泉など11種類の違う泉質を持つ温泉が湧出しています。温泉の色も様々で、登別温泉のホテルに泊まれば様々な種類の温泉を楽しむことができます。このようにたくさんの種類の温泉が大湯沼、地獄谷を中心に周囲からも1日1万トンもの天然温泉が湧出しています。

温泉の成分毎に様々な効用が期待できますが、大湯沼の効用をご紹介します。大湯沼は硫黄泉で硫黄は毛細血管や冠状動脈を拡張させる効果があり慢性気管支炎や動脈硬化症に効果があると言われています。慢性皮膚病にも良いそうです。

大湯沼の効用をダイレクトに試したいとなればお勧めは大湯沼の奥にある天然の足湯です。先に述べたようにここの温泉は大湯沼からダイレクトに流れてきている源泉を利用しているためです。

大湯沼 登別温泉

登別温泉大湯沼の紅葉

ご紹介してきた登別温泉大湯沼ですが、実は紅葉の時期もお勧めのスポットです。登別温泉の紅葉のベストシーズンは例年10月中旬から下旬です。

紅葉の時期には地獄谷周辺や大湯沼周辺はナナカマドやダケカンバ等が真っ赤に色好きとても美しいです。大湯沼の紅葉は見渡す限り赤、黄色に色づくわけではなく日和山の斜面や大湯沼周辺には草木が生えず、白色や灰色の岩肌がむき出しの荒涼とした景色も紅葉と同時に楽しむことができます。

荒涼とした景色が周囲の紅葉の赤色をより際立出せる結果となり、なんともいえず素晴らしい景色となります。大湯沼の紅葉の景色は北海道で12位に選ばれております。北海道の紅葉スポットを多くみている方でも大湯沼の紅葉は見ていないという方も多いと思います。是非一度紅葉の時期大湯沼を訪ねてみて下さい。

大湯沼 登別温泉

登別温泉大湯沼のまとめ

いかがでしたでしょうか。大湯沼では登別温泉の歴史をも感じながら楽しめる登別観光スポットです。また記事中間ぐらいに書かせていただきました大湯沼の散策コースのようなものもあるので、ちょっとした観光にうってつけなのです。

登別温泉周辺には、歩いて周ることができる“極楽通り”と言って、お土産屋が立ち並ぶ通りもありますが、こうして大湯沼のような登別温泉の誕生した地を見て周るのも楽しいものです。
何度も言うようですが、登別温泉を訪れた際にはぜひ一度大湯沼へ!

大湯沼 登別温泉