網走管内の穴場スポット!「北の大地の水族館」はどんな場所?

網走観光で外せない観光名所といえば「北の大地の水族館」です。 この水族館は別名「山の水族館」とも呼ばれており、日本でも最多の飼育数を誇る「イトウ」が飼育されています。イトウは日本の淡水魚の中でも最大級の大きさを誇り、道東の網走観光に訪れた際には人目見ておきたいオススメスポットになっています。

北の大地の水族館の近くには道の駅「おんねゆ温泉」も併設されているので、網走管内の観光巡りの休憩がてら観光してみるのもいいかもしれませんね。今回はそんな「北の大地の水族館」についてご紹介していきたいと思います。

営業時間や休館日はある?事前に知っておきたい情報をご紹介

網走観光で人気の「北の大地の水族館」の営業時間は季節によって異なります。旭川から網走方面へ向かう途中にある道の駅「おんねゆ温泉」を目印に向かうとわかりやすいかと思います。周辺の観光巡りで訪れた際には事前に確認しておくことをオススメします。
「北の大地の水族館」の最寄駅はJR留辺蘂駅から「道の駅おんねゆ温泉行き」のバスで約20分ほどで着きます。「北の大地の水族館」に関する営業時間や入館料金などの詳細も記載しますので今後網走管内での観光を検討されている方は参考にしていただければと思います。

営業時間

夏季 8:30〜17:00
冬季 9:00〜16:30
※冬季は(11月〜3月)

休館日

夏季 4/8~4/14
冬季 12/26~1/1

料金

一般 中学生 小学生
通常 670円 440円 300円
団体 510円 370円 200円
※団体料金は20名以上、障がい者手帳をお持ちの方は団体割引可 年間パスポートあり(購入方法などは要確認)
北海道観光最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE