ハイランド小清水725|網走観光


JHA online store


ハイランド小清水725|北海道の展望台

あこがれの北海道旅行の最大の魅力は、大都会の喧騒から解放されて大自然の中に身を委ねながら、のんびりまったりと流れていく時間を満喫することです。せっかくはるばる北海道までやってきて、大型観光バスが次々と到着してB級ミュージックが流れてくる有名観光地で「人」ばかり見ていては元も子もなくなることになります。

そんな北海道の観光地の中でも、お薦めなのが阿寒摩周国立公園内の藻琴山中腹に位置するハイランド小清水725です。

ハイランド小清水725 網走観光

ハイランド小清水725は大パノラマを満喫できます

まず、ハイランド小清水725の最大の魅力は、眼下に広がる屈斜路湖の輝くコバルトブルーと湖を取り囲む原生林のきらめく緑の大パノラマです。

そして、ハイランド小清水725のレストハウスから、少し顔を上げて北東方向に目を向ければ、「世界遺産 知床」の山並みを展望することができます。とりわけ知床の付け根に位置する斜里岳(しゃりだけ)の男性的で秀麗なたたずまいとそれに続く海別岳(うなべつだけ)の女性的で柔らかい出で立ちのコントラストは筆舌に尽くしがたい光景です。

さらに、天気が良ければ、ハイランド小清水725から、知床から網走に続くオホーツク海の淡いブルーも遠望できます。まさに、北海道東部の景色の醍醐味を凝縮したのがハイランド小清水725と言えます。

【ハイランド小清水725 詳細】
所在地|〒099-3605 北海道斜里郡小清水町もこと山1
電話|090-3119-6080

ハイランド小清水725 網走観光

ハイランド小清水725のお薦めの季節

ズバリ!ハイランド小清水725のお薦めの季節は、5月下旬から6月上旬の新緑の季節です。その頃のハイランド小清水725は、湖面の氷もすっかりと解けてブルーの色彩を取り戻した屈斜路を新緑に輝く原生林が取り囲みます。

また、知床の山並みも山頂に残雪を残し、澄み渡る「オホーツクブルー」の青空とのコラボレーションは圧巻です。さらに、耳をすませばウグイスの「ホーホケキョ」という主音声と「ケキョケキョケキョ」という副音声の大音響が聴こえてきます。そして、その自然と一体となった時、エゾシマリスやウグイス、ウソといった野鳥が可愛い姿をみせてくれます。ちなみに、エゾシマリスは、エゾリスよりも小さく大人のこぶしぐらいの大きさで黒い縞模様が特徴です。

まさに、そんな大自然の中で「何もしない 何も考えない」という贅沢な時間をハイランド小清水725で20~30分も過ごせばα波がフル充電されること間違いなしです。

ハイランド小清水725 網走観光

ビューポイント:小さな展望台

まず、ハイランド小清水725の木目調でオシャレなレストハウスから屈斜路湖方面に木道を100mほど歩くと、屈斜路湖を一望できる小さな展望台があります。

その展望台のちょっと左側に2~3人が腰掛けられそうな天然の剥きだした岩がありますので、そこに腰掛けてコーヒーでも飲みながらまったりとした時間を過ごせば、大都会でのストレスや小さなわだかまりも一瞬にして吹き飛んでしまうことでしょう。

ここは、ハイランド小清水725のレストハウス周辺よりもさらに人が少なく、この大パノラマを独り占めすることもできます。また、ハイランド小清水725の夏期間の早朝には「雲海」が屈斜路湖に立ち込めますので、その幻想的な光景に大自然の荘厳さを実感することができるでしょう。

ハイランド小清水725 網走観光

ビューポイント:藻琴山山頂





次に、少し時間に余裕があれば、ハイランド小清水725から標高1,000mの藻琴山山頂まで登ってみましょう。山頂の両サイドには屈斜路湖とオホーツク海が広がり、知床連山を見渡すことができます。

そのランドスケープは日本とは思えない雄大にして壮麗な様相を呈します。ぜひ、ハイランド小清水725のレストハウス隣の湧き水(長命水)をペットボトルに詰めて持っていき、山頂で一服して下さい。きっと、今までに経験したことのない至福の時間が流れることでしょう。

ハイランド小清水725の駐車場の標高はその名からもわかるとおり725mです。山頂までわずか300m弱、またその道のりも大変なだらかで、小さな子どもから年配の方まで簡単に登れます。約1時間程度のハイキングという感覚ですので、特に登山用の準備をする必要も全くありません。

ただし、ハイランド小清水725周辺はヒグマの生息域ですので、クマよけの鈴を携帯して下さい。もし、準備できなければ、スマホのミュージックを流しても効果があります。野生動物のテリトリーにちょっとお邪魔するという謙虚な気持ちが大切です。

ハイランド小清水725 網走観光

ハイランド小清水725へのアクセス

ハイランド小清水725へのアクセスは主に3ルートあります。まず、メインルートが網走・女満別空港方面から道道102号を南下するルートで、小清水峠手前で少し急カーブとなりますが、比較的スムーズに走れます。

次に、川湯温泉・弟子屈方面から道道102号を北上するルートですが、急こう配でヘアピンカーブの連続ですので、特に大型観光バスとすれ違う際には、細心の注意が必要です。

最後に、ハイランド小清水725へのお薦めのルートが小清水市街地から道道587号を辿るルートです。原生林の中を走る道道ですが、きれいに舗装されていて交通量も大変少なく車を見るとビックリするぐらいです。

特に、知床・斜里方面からの最短ルートにもなりますので、国道を走って遠回りしないようにして下さい。道道102号と交差する三差路の手前2~3㎞ぐらいから大きく視界が広がり、まさにこれこそ「国立公園」という面持ちになりますので、ハイランド小清水725への期待が一層深まることでしょう。





 

ハイランド小清水725 網走観光

ハイランド小清水725で悠久の時間を過ごそう

ここ、ハイランド小清水725は夏の観光ピーク時でも総じて大型観光バスの台数も少なく、個人のレンタカーの旅には大変お薦めです。自分探しの旅の際には、ぜひ、旅のルートに組み込んでみてはいかがでしょうか。このハイランド小清水725の大自然との対話から、明日への希望を見い出して下さい。

きっと、今抱えている閉塞感はちっぽけな事でたいしたことではないということを、ハイランド小清水725が教えてくれることでしょう。

ハイランド小清水725 網走観光