注目キーワード
  1. 富良野
  2. ニセコ
  3. 温泉
  4. チーズ
  5. 行き方

豊浦漁港|北海道の釣り場

豊浦町ってどんなところ?

豊浦町は伊達市の隣にある噴火湾に面した、小さな町の一つです。札幌市から函館市まで下道を使って、車で行く際には必ず通る町の一つですが、北海道に住んでいる方でも今ひとつピンと来ない方も多いのではないでしょうか?
豊浦町は漁業と農業が盛んな街として知られており、特産物でもあるホタテとイチゴは北海道内でも有数の産地として有名です!

豊浦漁港|北海道の釣り場

  • 〒049-5332 北海道虻田郡豊浦町大岸

豊浦町は大物の魚も狙える海釣りスポット!

噴火湾と呼ばれる豊浦町の海は豊富な魚たちが狙える釣り場として北海道の釣り人に愛されており、漁港や磯などから様々な魚種を狙える人気の釣り場です。
今回はこんな豊浦漁港の釣り場について詳しく見ながら、釣行の際におすすめのグルメスポットなどについて紹介します!

豊浦町がある噴火湾とは?

噴火湾とは北海道の南西部と渡島半島によって周囲が囲まれた湾で、内浦湾とも呼ばれます。日本海に比べると気候も暖かく海中の資源も豊富であるため、様々な魚種と大型の魚が生息していることで知られており、釣りだけではなく漁業なども盛んです。
また噴火湾の海は非常に綺麗であることでも有名で、町内にある礼文華海浜公園キャンプ場では近くに釣り場として人気の礼文華漁港もあり、綺麗な海を眺めながら釣りやキャンプなどを楽しめる北海道でも屈指の釣りスポットです!
主な釣り場として挙げられるスポットは豊浦町内にある豊浦漁港、大岸漁港、礼文華漁港で、すべて国道37号線沿いにあるわかりやすい釣り場ばかりです。
また近隣の市町村にも多くの釣り場としておすすめの漁港が立ち並んでおり、北海道でも屈指の釣りのメッカなのです。

豊浦町の釣り場ではどんな魚が釣れる?

豊浦漁港の釣り場ではシーズンによって様々な魚を狙えます。
オールシーズンで狙える魚として代表的なものが、ロックフィッシュとも呼ばれる根魚達です。北海道の釣り場ではメジャーな魚の一つで、アブラコ、ソイ、ガヤ、カジカなどの魚は小型のものでも非常に引くが強く、ルアーフィッシングや餌釣りなどで誰でも簡単に狙えます。また食用としても美味しいことで知られており、釣った魚を持ち帰り自宅で調理すれば、釣る楽しみだけではなく食べる楽しみも満喫できますね!
夏場のシーズンは平物と呼ばれる、カレイやヒラメのメッカとしても知られ、北海道内から多くの釣り人が訪れます。ロックフィッシュに比べるとやや敷居が高いものの、カレイやヒラメも食用としてとてもポピュラーな魚であるため、釣った時の嬉しさは格別なものですね!
これらの魚は先述した漁港はもちろん、磯や砂浜などの様々な釣り場で狙うことができます。特にアブラコは北海道の最高記録も飛び出した釣り場として有名です。

豊浦町の釣り場のおすすめシーズン

豊浦町で釣りをする場合、根魚の活性が強くなり、平物が釣り場に岸寄りする6月から7月がおすすめです。気候的にも暖かくなるこの時期は北海道での釣りの天敵となる寒さを気にすることもありませんし、漁港などでの夜釣りなども充分楽しめる時期です。
北海道の釣りでは対象となる魚のシーズンだけではなく、狙う時間も大切になってきます。昼間の釣りではアブラコ、カジカ、カレイなどが主な対象魚となり、夜の釣りではソイ、ガヤ、ヒラメなどが対象魚となります。もちろん必ずこの時間帯でしか魚が釣れないわけではありませんが、狙いたい魚に合わせて釣り場に行く時間を調整するのをおすすめします。
また夏の豊浦町では釣り場の近くで楽しめるキャンプ場や道の駅グルメなど他にもおすすめのポイントが目白押しです。魚釣りはもちろん北海道と豊浦町の魅力を満喫するなら、夏場のシーズンが最もおすすめです!

豊浦町での釣り場での注意点

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE