倶多楽湖|登別観光


JHA online store


倶多楽湖|登別観光

倶多楽湖に行かれたことはありますか?まずはこちらは”くったらこ”と読みます。倶多楽湖は北海道の温泉街で有名な登別温泉から少し山の中にはいったところに展望台があるのですが、この展望台から見る倶多楽湖が一番綺麗だと思います。倶多楽湖が扇型に見えることから、この展望台の名前は扇型展望台と言います。

倶多楽湖 登別観光

倶多楽湖とは
kuttarako

倶多楽湖は、北海道白老郡白老町にあるカルデラ湖です。名前はアイヌ語の「クッタル・ウシ・トー」イタドリが群生する湖が由来となっているそうですよ。北海道観光ついでに立ち寄ってみるにも便利の良い場所で、登別温泉からおよそ2km程度行ったところにあります。そのため登別温泉帰りに行くのがおすすめコースです。
しかし、なぜだか倶多楽湖は観光客や人が立ち入ることが少なく、何百年も何千年も変わらないままなのではないかというような、なんとも不思議な感覚になる北海道の湖です。それだけに倶多楽湖は、北海道の湖の穴場と言っても良いでしょうね。

倶多楽湖 登別観光

日本一きれいな水

見てわかるこの水の綺麗さ!倶多楽湖の水が日本一だと言われるのがよくわかるほどの透き通った水には、初めて見たときに本当に感動させられました。なんてったって2001年の公共用水域水質測定という水質調査では1位になったほどですからね。しかも!透明度にいたっても28.3mで平成9年度に摩周湖についで全国第2位という本当に誇らしい結果を残している北海道自慢の湖です。
また、倶多楽湖は支笏洞爺国立公園になっており、気象庁の常時観測火山である倶多楽火山の一部となっています。周囲約8kmの円い湖で、流入、流出する川が無いために、日本一綺麗な水なのかもしれませんね。

倶多楽湖 登別観光

激しい噴火によって生まれた倶多楽湖

実は、倶多楽湖が激しい噴火によって生まれた湖だということはご存知でしたか?これにはクッタラ火山という火山も大きく影響しているのですが、倶多楽湖は知ってるけど、クッタラ火山は知らないね。と言われる人も多いはず。
登別温泉の東にある、クッタラ火山の火口湖。実はここ、今からおよそ10万年前頃から倶多楽湖周辺で火山活動が始まったそうです。そして次第に火山活動が激しくなり、激しい噴火にも見舞われたそうです。そのときには火山灰や軽石など、噴火によって降り注ぐものが日高山脈を越えて、なんと遠く十勝平野にまで降り注いだというのですから驚きです。
そんな激しい噴火でマグマの溜まるところが空になってしまったそうで、山全体が崩壊してしまって大きなくぼみが出来上がったそうです。
これが、今に倶多楽湖と呼ばれる湖になった歴史です。

湖の周囲8.5km、水面標高258m、最大水深148m。
吸い込まれるような神秘的な湖で、エゾサンショウオやザリガニなどが生息しています。

倶多楽湖 登別観光

原始の姿を保つ倶多楽湖

倶多楽湖はナナカマドやミズナラなど手つかずの原生林に囲まれています。これらを見る限り幻想的という表現が正しいのかはわかりませんが、なんだか”北海道の深さ”を感じさせられました。原始の面影を残すその森には様々な生き物たちが生活をしています。湖の内壁は急峻で原始の姿を保ち、春から秋まで森と湖の美しいハーモニーが早朝から湖面に響き、夜のしじまにトラツグミ、コノハズク、ヨタカの声も聞こえます。

春秋を通してのハイキングコースで温泉から湖畔まで徒歩40分、植物鑑賞をしながらキタキツネ、ノスリの姿も見られます。秋の急峻な湖畔は、錦の屏風のような色鮮やかで素晴らしいものです。チップ釣りのメッカとしても知られていて多くの観光客で賑わっております。

倶多楽湖 登別観光

チップ釣りに行ってみよう

北海道では「ヒメマス」のことをアイヌ語で「薄い魚」を意味するカパチェプ(kapacep)のうちの魚を意味するチェプ(cep)が訛った「チップ」の名でも呼ばれています。

チップ釣りとは「ヒメマス」の事を指しており、倶多楽湖のチップ釣りは期間限定で楽しむ事ができます。通常は5月中旬から8月上旬までの期間中で、貸ボート以外での釣りは認めておりません。貸しボートは1隻につき2人までです。
竿は1人につき3本までで、海岸で行う釣りのような撒き餌は禁止されています。釣った魚の数量報告も義務づけれています。入漁料は一人1,500円で、貸しボート料は一隻2,000円で楽しめます。とても綺麗で立派なサイズのヒメマスが釣れますよ!
色々と規制の多いチップ釣りですが、これも案外楽しいものです。

倶多楽湖 登別観光

春と秋の倶多楽湖

静かな湖の周りは、黄葉や紅葉の木々で包まれます。春秋を通して楽しめるハイキングコースは温泉から湖畔まで徒歩40分ほどで、植物鑑賞をしながらキタキツネ、ノスリの姿も見られ、秋には色鮮やかな紅葉も見事です。

倶多楽湖の湖畔にはレイクハウスがあり、倶多楽湖を眺めがら食事や軽食を楽しむことができます。上で紹介したチップ釣りの貸しボートについても、こちらのレイクハウスで受け付けしており、レジャー基地としてもご利用することができます。チップ釣りに関するお問い合せは、倶多楽湖レイクハウスまでお電話してみてくださいね。
温泉街からも車でおよそ10分位で湖畔に行くことができてアクセスのしやすさもポイントが高いですね。
夏にはキャンプも楽しむ事ができます。釣りを楽しむのも、キャンプを楽しむのも、大自然に囲まれた倶多楽湖ならではですね。

倶多楽湖 登別観光

倶多楽湖のまとめ

今回は倶多楽湖について色々とご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?そろそろ行きたくなってきましたか?北海道の湖としては穴場的存在の湖なので、ぜひ一度行ってみてほしいものです。

この他にも北海道には様々な湖があります。全国的に有名な湖から穴場的存在の湖まで多数存在します。そんな北海道の湖をわかりやすくまとめてみたので、北海道の湖について詳しく見たい人はこちらからどうぞ!

倶多楽湖 登別観光