ニセコの大自然を満喫したあと気軽に寄れるアクセス抜群の立ち寄り湯ニセコ駅前温泉綺羅乃湯


JHA online store


ニセコは古くから様々な年代の方に、一年を通じその雄大な自然を楽しめるリゾート地として賑わっています。皆さんの中にも実際に足を運ばれ様々なアクティビティや雄大な景色や温泉を楽しまれた方もいらっしゃるかと思います。
国内からだけではなく「東洋のサンモリッツ」と称されるように外国人観光客も多く、ニセコが気に入り別荘を購入する各国のセレブや移住して来る外国人も増えています。
今後北海道新幹線札幌延長時には東京からも倶知安まで5時間程度で結ばれることも期待されることから国内外から一層注目されております

ニセコ駅前温泉綺羅乃湯

そんなニセコの雄大な自然を満喫したあと、帰りに気軽に温泉を楽しみたい人にピッタリなのがニセコ駅前温泉綺羅乃湯です。(以下綺羅乃湯)JR函館本線ニセコ駅下車徒歩1分とアクセスも抜群で、入浴料も大人¥500と銭湯並みの料金で天然温泉を楽しめます。2001年のオープン以来綺羅乃湯は地元の方、観光客双方に親しまれています

リピーターも楽しめる和洋6種類のお風呂

綺羅乃湯の肝心なお風呂を紹介します。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性温泉)です。
効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、慢性皮膚病、冷え性などです。
一日たっぷりニセコの山歩きやスキーを楽しんだ後、疲れた体を癒すのにぴったりな効能ですね。
洋風、和風2つの大浴場があります。洋風は御影石タイルの露天風呂とジャグジーを備えています。一方和風は情緒のある秘境ムードたっぷりの岩の露天風呂とヒノキ風呂を備えています。その他に両タイプとも他に内湯とサウナを備えています

ニセコ綺羅乃湯は毎日違ったお風呂を楽しめる

一日毎に男女別で浴室が入れ替わります。ニセコの地元の方たちが毎日違った綺羅乃湯を楽しめるのはうらやましいですね。ニセコ周辺のキャンプ場やお風呂の小さい別荘に連泊される方は、夜は綺羅乃湯に出かけ毎日違った大きなお風呂で旅の疲れを癒すのもいいでしょう。もちろん清掃も行き届いており、女性も安心して入浴できます。
他にも有料予約制の貸し切り風呂もあります

電気自動車の急速充電器も完備!旅人にとって充実した施設

綺羅乃湯は温泉が素晴らしいのはもちろんですが、施設も充実して清潔です。玄関を入るとガラス張りの明るく広いコミュニティホールになっています。ここからは正面にニセコアンヌプリを望むことができます。ここには売店もあり、お土産品も買えます。

入浴後は少しゆっくりなんて人の為には、和室の無料休憩所もあります。綺羅乃湯には地元の方もたくさん来られますので、地元の方しか知らいないニセコの穴場を教えてもらえるかもしれません。こういう語らいは旅の醍醐味ですね

旅人にとって、便利な立ち寄り湯

その他コインランドリーもあります。ニセコ周辺のキャンプ場に連泊される方にとってはありがたいですね。普通のリユックも入るリターン式のコインロッカーや脱衣場に無料の貴重品ロッカーがあるのも一人旅には助かります。

そして駐車場には365日24時間利用可能な電気自動車の急速充電器もあります。北海道のドライブ旅行は長距離移動が多くなります。綺羅乃湯の次の目的地が長距離移動になる方は充電しておきましょう。綺羅乃湯は新しいアイテムも揃え、旅人にとって便利な立ち寄り湯でもあります

綺羅乃湯施設内のパン屋さんもおいしいと大好評

綺羅乃湯ともに好評なのがコミュニティホール内にある手作りケーキとパンの店「マイトリエ」です。2016年5月にニセコ出身のパティシエさんがUターンして綺羅乃湯施設内にオープンした店です。北海道産の素材を中心に手作りケーキとパンを作っています。また羊蹄山の湧水を使った挽きたてコーヒーも味わえます。

入浴客はもちろんフリーエリアであるコミュニティホールに店があるので、地元の方々も買いに来るので「おいしい店」と地元でも評判になっています。値段もリーズナブルでお風呂上りにニセコアンヌプリを眺めながらおいしいコーヒーを飲みながら地元素材で作られたパンやケーキを食べるのも旅のいい思い出になるでしょう。朝アクティビティ行く前にお弁当代わりに買って行き、帰りに綺羅乃湯で入浴すれば、ニセコの自然、味、温泉と3つを楽しむこともできます

折角の駅前温泉綺羅乃湯。時にはローカル列車に乗ってのんびりと

北海道旅行はその広大さと公共交通の不便さから車での移動や旅行会社のツアーに参加することが大半になっていますが、綺羅乃湯はJR函館本線ニセコ駅から徒歩1分の便利さ。時にはのんびりローカル列車に乗って、車窓を楽しみながら訪れるのもまた違った旅を体験できると思います。

ニセコ駅付近では函館本線といいながらも定期運転する特急列車は無く、ローカル列車が1~2両で険しい峠を越え手つかずの原生林の中を走っています。北海道新幹線の札幌延長時には廃線になる可能性も高いので、一昔前の山岳鉄道のような風景を目に焼き付けておくのも良いかと思います。札幌方面からですと小樽までは日本海を望み、余市を過ぎたあたりから上りに入りやがて山岳鉄道の様相に代わり変化にとんだ車窓を楽しめます。

ニセコ駅や綺羅乃湯からの徒歩圏にもいくつか絶景ポイントがあります。ニセコ駅の中に観光案内所もありますので情報収集をすることもできます