知床五湖|知床羅臼 観光

高架木道には、連山展望台、オコック展望台、湖畔展望台、と、ぜんぶで3つの展望台があります。ここでは展望台より遠くに五湖を取り巻く森と僅かな水面や知床連山を望むことができ、大自然の驚異を感じられます!私的には湖畔展望台で、湖面に映る知床連山を眺めることができたのですが、これが一番の醍醐味なのではないかな?と思いました。是非、展望台からの大自然を見てください!
ちなみにですが今回ご紹介した高架木道コースの場合は、知床五湖の開園期間であればいつでも無料で散策することができるのですが、知床五湖の1湖しか見ることができないので、せっかくだから五湖ぜんぶ周りたい!という人には「地上遊歩道」コースをおすすめします。

知床五湖 知床・羅臼 観光

[box class=”blue_box”]知床五湖の歩き方2.地上遊歩道[/box]

地上遊歩道、というよりは”ヒグマのすみかにおじゃまする”といったほうが合っているかもしれません。この遊歩道で知床五湖の散策をするにあたっては、まず申し込みをしなければなりません。そして10分程度ですがレクチャーも受けなければなりません。ちょっと手間かかるのかな?とも思われるかもしれないですが、これが結構重要で、知床五湖周辺には頻繁にヒグマが出没します。人間がヒグマに襲われれば勝ち目はないと思ったほうが良いと思います。そういった事故や危険を未然に防ぐためのレクチャーをうけます。また、ヒグマの活動期ではない時期であれば大人250円、子供100円で入場可能です。料金はわりとお手頃価格です。

知床五湖 知床羅臼観光

[box class=”blue_box”]知床五湖と野生動物たちを間近で観察[/box]

高架木道では見られない知床五湖を全て見て周ることが可能です。一周およそ3kmの道を散策するのですが、これがまた凄い!湖もそうですが、野生動物たちをこれほどにも間近でじっくり観察できるのはココ、知床五湖くらいなのではないでしょうか。エゾリスやアカゲラ、運が良ければ生まれたての子鹿も見られるそうですよ!また、野生動物だけでなく、ネムロコウホネやミズナラ、トドマツと北海道に育つ自然植物も間近で見ることができます。

知床五湖 知床羅臼観光

[box class=”blue_box”]知床の山並みが映える圭湖[/box]

ここからは知床連山の名峰、羅臼岳がよく見えます。湖面から立ちこめる霧の上に聳える羅臼岳など、此処でしか見られない知床の山並みがいいですね。なんと一湖には開拓民が放流したというフナが生息しているといいます。
一湖は、草原が広がる開放的な所もあるが多くは森の中という感じてす知床連山の名峰、羅臼岳がよく見えます。湖面から立ちこめる霧の上に聳える羅臼岳など、此処でしか見られない知床の山並みがいいですね!

知床五湖 知床羅臼観光

[box class=”blue_box”]知床五湖の中で一番大きい純湖[/box]

知床五湖の中で一番大きいです。知床連山が静かな湖面に映え、そのスケールの大きさが実感できます。五湖の中では開放的な雰囲気を持っています。観光バスで来た方はここからエスケープルートを通って戻る事が多い様で、この先は静かになります。
一湖から二湖の遊歩道沿いは、春になると水芭蕉の群生がみられます

知床五湖 知床羅臼観光

[box class=”blue_box”]原始の森を感じさせる洋湖[/box]
北海道観光最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE