小樽駅から新千歳空港までのアクセスの比較


JHA online store


今回は「小樽駅から新千歳空港までのアクセス」をJR・バス・マイカー及びレンタカー・タクシーとそれぞれのアクセスの時間・費用・各メリットデメリットをまとめていきます。
小樽市は皆さんもご存知の通り運河や古い歴史的な建造物が多くレトロな雰囲気が漂う街で、また寿司屋が100件以上あり魚好きに堪えられない街でもあります。年間の観光客も700万人を超える観光都市で一度ならず何度も訪ねたい街です。
あなたがそんな小樽の観光を終え、直接新千歳空港に向かうために小樽駅に戻って来た。今回の検証はそんな想定です。

毎年700万人以上の観光客が訪れている小樽市ですが、結果はちょっと意外な結果になったように思いました。このあたりが小樽市の観光面の課題と一致するのかなと思いました
なお、列車バスの料金、ダイヤ、有料道路代(通常料金で算出)は2018年10月現在の物で比較しておりますので、旅行日程が決まりましたら再度各機関にお問い合わせください。

JR利用でのアクセスの場合

小樽駅から新千歳空港
「小樽駅から新千歳空港までのアクセス」まずJR利用に関してまとめました。

・快速「エアポート号」利用
・所要時間72分
・料金¥1,780

朝9:30分の始発から夜19:00まで30分おきに運行しています。
(普通列車ですと始発5:53 最終20:22
一部札幌から快速 直通快速以外に合計6本所 要時間87分~106分があります。)
小樽駅発は毎時00分、30分と固定しています。全て小樽駅始発です。
早い時間帯での直通快速がないのがやや難点ですが、次の項目で触れているようにバスでの小樽駅から新千歳空港までの直行便が1本もない状況では一番現実的な新千歳空港へのアクセスと言えます。

小樽駅から新千歳空港公共交通での移動者の大半がJRを利用している状況です。札幌に行く地元の人達も利用しますので、確実に座りたい方は¥520の指定席「Uシート」を予約する方が安心できると思います。
またこの路線小樽築港駅から銭函駅の間海岸線を通ります。(進行方向左側になります)なかなかの絶景区間ですので、合理的なアクセス手段という理由だけでなく、一度鉄道移動してみるのもお勧めします。

バス利用でのアクセスの場合

小樽駅から新千歳空港
「小樽駅から新千歳空港までのアクセス」次はバス利用に関してまとめました。
先ほどのJR利用の項目で触れましたように小樽駅から新千歳空港までバスでの直行便が実は1本もないのです。これはかなり意外な感じがしました。バスで小樽駅から新千歳空港にアクセスするには、札幌駅等札幌中心部で一度乗り継ぎをしなくてはならないのです!所要時間や料金は下記のようになります。

小樽駅~札幌駅 札幌駅~新千歳空港 合計
所要時間 63分 65分~80分 2時間8分~23分
料金 ¥610 ¥1,030 ¥1,640

※乗り継ぎ時間は含みません。最低15分はみたいです。
JR利用に比べると¥140安いですけど、乗り継ぎ時間を考えると2時間25分から40分は必要です。結局札樽道のICから札幌駅までを往復するわけですからここが大きなロスタイムになる訳です。また札幌駅周辺のバス乗り場に詳しくない旅行者にはお勧めできないアクセスと思えます。まして荷物があったらなおさらです。
ちなみに小樽駅から札幌駅までは、北海道中央バスとJRバスで6:25の始発から最終の21:55まで、余市・積丹方面からのバスも含め日中は10分から15分間隔で運行しています。
道内有数のバス会社で上場もしている北海道中央バスは本社が小樽市にあることですし、2時間に1本ぐらいなんとかならないものでしょうか?80分程度で運行可能だと思いますし商売にならないですかね?

マイカー・レンタカーでのアクセスの場合

小樽駅から新千歳空港
「小樽駅から新千歳空港までのアクセス」次はマイカー・レンタカーでアクセスする場合をまとめました。

・小樽IC~千歳IC利用
・所要時間70分程度
・有料道路代¥2,110

経路は小樽駅からまず札樽道の小樽ICを目指します。ここも一番わかりやすい道でご案内します。小樽駅の前を通っている道路が国道5号線です。ここを札幌方面に道なりに看板を見ながら進むと通常10分程度で札樽道の小樽ICにぶつかります。小樽市内の東西の幹線道路ですので朝晩は余裕をもって行動した方がいいでしょう。また観光駐車場に車を止めている場合なら小樽駅に戻らず中央橋を渡り左折、そのまま北一硝子方面に向かい、北一硝子の前を通り過ぎ道なりに進む(道道17号線)と小樽ICに着きます。小樽ICから札樽道に入り途中札幌JCTから道央道に入り千歳ICまで進みます。
小樽駅から新千歳空港
この間約73キロ、50分程のドライブになります。千歳ICから新千歳空港ターミナルビルは15分弱。合計順調に行くと70分から75分で小樽駅から新千歳空港に向かうことができます。
安全運転で時間に余裕を持って行動すれば、さほどむずかしいアクセスではありません。ニセコや積丹からの帰路に気軽に小樽観光に立ち寄れます。

タクシー利用でのアクセスの場合

小樽駅から新千歳空港
「小樽駅から新千歳空港までのアクセス」次はタクシー利用する場合をまとめました。
経路としてはレンタカー編と同じルートと想定してください。小樽は札幌と違って「空港定額タクシー」はありません。いわゆる流しのタクシーを利用することになります。

・所要時間70分程度
・料金¥27,000程度+有料道路代¥2,110=¥29,000程度
※深夜早朝時間帯(22:00~5:00)は割増運賃(2割増)

4人乗車で約¥7,250程度、3人乗車で¥9,700程度
またタクシーを利用するなら、観光にも利用してそのまま新千歳空港へ送ってもらうようにコースを組んでもらうのはいかがでしょうか?単純に小樽駅から新千歳空港までのアクセスの為だけにタクシー利用するより観光の時間も有効に使え割安感もあります。
相場として小樽市内を3時間程度観光その後新千歳空港へ送ってもらう。このコースで¥35,000~¥37,000程度のようです。その他有料道路代・観光地施設での駐車料金がかかります。ざっと総額¥40,000程度ではないでしょうか。1時間観光時間を延長すると1時間当たり¥5,500~¥6,000程追加になります。
出迎えは小樽駅でも小樽市内の宿泊先のホテルでもどこでも可能ですから、荷物をあずけたりする手間もありません。
観光タクシーの手配も可能なサイトもありますので検討されたらいかがでしょうか?

「小樽駅から新千歳空港までのアクセス」のまとめ

小樽駅から新千歳空港
小樽駅から新千歳空港までのアクセス以上4種類をまとめみました。
このように見てきますと、一般の公共交通機関を使っての小樽駅から新千歳空港への移動はJR一択というような状況だというところです。バス利用のアクセスだと、JR利用のアクセスと1時間以上差があり多少安くても(¥140)使い勝手がいいとは言えません。小樽は札幌と近すぎて宿泊する観光客が少ないということが空港アクセスを限られた方向にしてしまっているのでしょう。

小樽駅から新千歳空港
小樽市もこのあたりを課題と考え、宿泊観光客を増やすため、運河や古い建物のライトアップ、ろうそくを使った「小樽ゆきあかりの路」などいろいろ企画しています。機会があったら是非行ってみましょう。もちろんその時は小樽に泊まりましょう!
あとタクシーを使う前にはほとんどの利用者が小樽観光をすると思います。メーター制より交渉の余地があるようですので、観光+新千歳空港へ送りで問合せしてみるのもよいでしょう。