CATEGORY

ルスツリゾート

ルスツリゾート

留寿都村にあるルスツリゾートは、家族と友人と恋人といろんな人とお出かけしても楽しめる場所。遊園地やプール、スキー場、アクティビティも豊富で年中楽しめるリゾート施設です。また、素敵なホテルも同じ敷地内にあるので旅行でも安心!そんな留寿都村ルスツリゾートのおすすめポイントをまとめてみました。

ルスツリゾート|ニセコ観光

[box class=”blue_box”]評価も高くリピーターも続出[/box]

rusutsurizoto

留寿都村ルスツリゾートといえばスキー場です!ルスツリゾートのスキー場は評価も高くリピーターも続出
中です。北海道のスキー旅行といえばニセコと一緒に名前があがるほど有名なスキー場が留寿都です。大きさももちろんですがコースも豊富です。数えると26コースもあります。すごい!レベルに合わせてコースが選べるのは嬉しいポイント。

留寿都村ルスツリゾート周辺は景色も綺麗で、北海道の大自然の中でのスキーはまた別格に楽しめます。特に、頂上から見える羊蹄山が綺麗で道外からの旅行者には大好評です。

また、子供用スキーレッスンなども充実しています。特にクレヨンしんちゃんのスキーレッスンは子供のスキーが上達すると大人気!毎年クレヨンしんちゃんのイベントを開催しており、スキー以外にもソリやランニングバイク、雪中宝探しなど楽しいイベント盛りだくさんです!

寒い時期だからこそ、留寿都で思う存分遊びまくろうじゃないか

【ルスツリゾート 詳細】
住所|北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
電話|0136-46-3111

ルスツリゾート|ニセコ観光

[box class=”blue_box”]春には遊園地、夏はプールがオープン[/box]

rusutsurizoto

留寿都村ルスツリゾートの楽しみは冬のスキーだけではありません!夏は遊園地、屋外ジャンボプールが楽しめます。そして留寿都村ルスツリゾートの遊園地は道内最大級なんです。周辺は自然に囲まれており余裕がある人はアトラクションに乗りながら景色も楽しめるかも。絶叫系が多い遊園地ですが、もちろんお子様も楽しめるキッズランドもちゃんとありますよ。

ゴールデンウィークや夏休みなどの連休時は、遊園地でイベントも開催。私が遊びに行った時は漫画ONEPEACEのイベント開催中でした。他に面白いイベントでは「チャレンジ祭り」というイベントが期間限定で開催されています。

フリーフォールでウォーターチャレンジと題して乗車の際に水を持ち一滴も溢さずフリーフォールに乗れるのか?など驚きの企画もあり楽しませてくれます。

また、夏のプールもジャンボプールというくらい本当におっきいです!屋外+北海道なので営業は本当に真夏のみの7月下旬~8月下旬の約1ヵ月。これまた北海道で1番長い流水プールや、ウォータースライダー、子供が楽しめる噴水プールもあります!嬉しいのは遊園地の入場料でプールも楽しめちゃうところ。さすがルスツリゾート、太っ腹!

ルスツリゾート|ニセコ観光

[box class=”blue_box”]夏のルスツリゾートにいる、遊園地の隠れ有名人[/box]

夏の遊園地の開園中にしか会えない有名人ご存知ですか?私は何回か会いました!初めて見た時の感想は、DJかと思いました。笑 そう。アトラクションのお兄さん!普通のアトラクションのスタッフとちょっと違うんですよね。

なんていうか、とってもスタッフを楽しんでいて遊びに来ている人も楽しくなっちゃうような盛り上げ方。マイクパフォーマンスが凄い!乗り物がスタートする時って「では、いってらっしゃい」みたいなセリフが多くありませんか?

でも、留寿都村ルスツリゾートのあるお兄さんは違います!私も面白いなーと思っていたらびっくり!ある時テレビに出ていました。DJっぷりが話題となり取材が来たそうです。

ナニコレ珍百景や月曜から夜更かしに出演。お兄さんには夏の開園中にしか会えないので乗り物はもちろんですが、お兄さんも探してほしい!会う価値あり!きっと、どのお兄さんかすぐ解ります!

ルスツリゾート|ニセコ観光

[box class=”blue_box”]せっかく行くなら宿泊も[/box]

rusutsurizoto

留寿都村ルスツリゾートは、遊園地・スキー場と同じ敷地内にホテルもあります。ルスツリゾートのホテルは、とーっても大きいです!初めて宿泊される人は驚かれることが多いそうで。外観は少し年期が入り、あれ?大丈夫?という感じに見えますがご安心ください。きちんと清掃されとても綺麗なホテルです!部屋数もとても多く洋室・和室と部屋の種類も豊富です。口コミ数も圧倒的に多く評価も高いです。リピーターが多いだけありますね。

また、夏休み限定営業ですが、ルスツリゾート敷地内でキャンプ村もオープンします。キャンプ場は総芝生。昼間はルスツリゾート遊園地でめいっぱい遊んで叫んで、夕方にキャンプ場へ移動してバーベキューを楽しむ。

そしてクライマックスは夕食後に夏休み限定で開催される花火も目の前で見れちゃいます!夏の思い出にルスツリゾートでキャンプ、最高です!ルスツリゾートにくれば、子供の夏休みの絵日記も充実すること間違いなし!

ルスツリゾート|ニセコ観光

[box class=”blue_box”]アクセスも簡単!シャトルバスが年中運行[/box]

rusutsurizoto

留寿都村ルスツリゾートは、札幌、千歳空港からのアクセスもしやすくなっています。さすがリゾート施設!札幌からは無料シャトルバスも出ています。
【札幌から】
車:約1時間35

宿泊もされる方は車で行くことがオススメ☆☆荷物が多くなるうえにバスは混み合いますので荷物の積み降ろしを考えたら、自家用もしくはレンタカーのほうがスムーズです。時間も気にせず好きに遊び尽くすことが可能です。

無料シャトルバス:約2時間

日帰りで遊びに行く方にオススメ☆☆年中札幌から運行されているので土・日・祝も気にせずバスに乗ることが可能です。前日17時までに予約することだけは忘れずに。
札幌・加森ビル③発
出発 800 加森ビル③発(札幌)
到着 1000 留寿都村ルスツリゾートホテル&コンベンション 着
1010 ウェスティン ルスツリゾート 着
ルスツリゾート発
出発 1650 ウェスティンルスツリゾート発
1700 ルスツリゾートホテル&コンベンション発
到着 1900 加森ビル③着(札幌)

※時期により運行時間が異なりますのでご注意ください。詳しくは留寿都村ルスツリゾート公式サイトに記載があります。

【新千歳空港から】
車:約1時間30

有料シャトルバス:約2時間
新千歳空港発 14便
留寿都村ルスツリゾート発 14便





北海道外から来られるお客様に、千歳空港から留寿都へのバスはルスツリゾートホテルに宿泊予約をしていると片道なんと3000円で乗車可能です。嬉しいですね!日帰りやルスツリゾートホテル以外に宿泊の場合は運行決定と空席がある時のみ片道3500円で乗車可能です。こちらもまた無料シャトルバス同様乗車の7日前までに予約を忘れずに。

ルスツリゾート|ニセコ観光

[box class=”blue_box”]他にも様々な箇所からバスが運行しています[/box]

他にも、登別温泉や洞爺湖温泉からのシャトルバスも運行しています。
私は、札幌からのシャトルバスに乗ったことがありますが便利だなと思いました。札幌駅前から乗車し、留寿都村ルスツリゾートの入り口で降りれます。リゾート敷地内しか歩きません。降り口からはホテル内を通り遊園地へと行くのですが、途中にお土産屋さん等がありお買い物も楽しめます!

車で行かれる場合は注意点が1つ。留寿都村ルスツリゾートの駐車場はとても広いです。「さぁ、帰ろう」と思ったときに、あれ、どこに止めたっけ?なんていうことが起こりますので、必ず駐車した場所をチェックしてください!私は解らなくなった一人です。笑

ルスツリゾート|ニセコ観光

ルスツリゾートのまとめ

札幌や新千歳空港からのアクセスも良く、北海道周遊やスキー旅行の日程にも組みこみやすい立地の留寿都村ルスツリゾート。夏は遊園地、冬はスキーと年中楽しめるのでおすすめです!きっと楽しい思い出がいっぱいできますよ。





【ルスツリゾート 詳細】
住所|北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
電話|0136-46-3111

ルスツリゾート|ニセコ観光

NO IMAGE