鳥沼公園で身も心もリフレッシュ!宝石の様に輝くエメラルドグリーンが魅力な鳥沼公園


JHA online store


ラベンダー畑を始めとする色とりどりの美しい花畑、そして冬のパウダースノーでも人気を集める北海道のヘソ富良野市。どーんと北海道の大地に座り込むかのようにかまえている十勝連邦をはじめ、雄大な山々を背に、童謡にもある「ふるさと」の歌がよく似合うのどかな田園風景。そんな富良野の雄大な景色は、北海道の数ある観光地の中でも高い人気を誇ります。そんな中でも穴場スポットとして密かに人気を集めているのが「鳥沼公園」です

鳥沼公園のまるでステンドグラスの様なエメラルドグリーン

鳥沼公園
富良野市の郊外にあるがゆえに富良野観光で富良野を訪れても、観光客は滅多に訪れることのない鳥沼公園。大きくすくすく育つ木々をゆっくりと眺めながら公園を歩みすすめると、かなり透明度の高い沼が、でーんとその姿を現します。公園へと歩みすすめるその道中では、鳥や虫たちのさえずりを聞きながら優雅な気分をも堪能することができます。

有名なガイドブックにはなかなかのっていない、超がつくほどの穴場観光スポットです。
海外映画で見るかの様な、なんとも素晴らしい”ロマンチック”という言葉がよく似合うエメラルドグリーンの絶景が待ち構えていますよ

鳥沼公園へのアクセス方法

鳥沼公園
鳥沼公園の面積は9.62ヘクタール。富良野市内を結ぶ道道253号線と、上富良野と富良野市を結ぶ道道298号線の交差点に、道道を挟んで広がっています。

    住所:北海道富良野市東鳥沼

鳥沼公園の魅力

鳥沼公園
古くからある原生林を自然のまま利用した公園で、ヤチダモ、ハンノキ、ミズナラなどの木々が生い茂っています。力強い太さ、北海道の大地に根を張り空に向かって背伸びをするかのように背丈の高い木々が多いのも鳥沼公園の特徴です

鳥沼公園の名前の由来

鳥沼公園
なぜ「鳥沼公園」という名がついたのか?一度は気になるこの疑問。
鳥沼公園は名前のとおり、野鳥が多く確認されていることもあり、40種類以上の野鳥やエゾリスなどの小動物を見ることができます

知人に聞いて早速行ってみましたよ!いざ鳥沼公園へ

鳥沼公園
とても大きく美しい池では、昼間は無料でのることのできるボートがあります。
地元の人はお散歩感覚で行くという人もいるみたいです。たまにどこかで聞きつけた道外からの観光客様もいるようですが、やはりこの鳥沼公園を知っている人は少ないようで、沢山人が集まるような場所ではないようです。

自然公園なんだろうな、というイメージで遊びに行ってみた私は、無料の手こきボートで思っていた以上に楽しむことができました

ステキな沼で無料ボート体験をしてみよう

鳥沼公園
鳥沼公園の魅力の一つ、それは、北海道らしい自然がそのまま残されている自然あふれる公園で無料の貸しボートを楽しむことができるというところ。無料とは言えどもボートが利用できるのは、管理人がいる(ことになっている)夏季の朝から夕方までです

桟橋に3、4隻ほどボートがあるのですが、ボートに乗るときは自分でチェーンを外して乗り、遊び終わったら再びチェーンをかけるというセルフ式です。ボートの大きさも異なるので自分にあったボートを選んでください。
夜は水面からボートをひきあげているため利用できず、また冬季も不凍沼ではあるものの鳥沼公園の除雪がされていないのでボートの利用はできないことになっています

ボートから見る素晴らしい沼の透明度の高さ

鳥沼公園
鳥沼公園にある沼の透明度の高さは本当に素晴らしいものです。ボートに乗ってみるとよくわかるのだが沼を泳ぐ魚を見られるのはもちろん、沼の底まではっきり見えます。

また、うっそうと生い茂る原生林に囲まれた鳥沼も、ボートから見るとちょっと違った雰囲気を堪能することができます。
沼一周、15分程度で周遊できるので、家族連れで、カップルで、様々な角度から自然の公園の姿を楽しんでみてはいかがでしょうか

鳥沼公園の近くには「ふらのバーガー」というオシャレなバーガー屋さんがありますよ

鳥沼公園
ボートで遊んで、公園散策して、エメラルドグリーンを眺めて、なんだかお腹が空いてきたなぁ~
そんなときはふらのバーガーで腹ごしらえ!ツアーネットで詳細をご覧になってみてください

鳥沼公園に隣接している、人気の富良野バーガー

鳥沼公園
のどかな田園風景の中に立つオシャレなハンバーガー屋さんです。人気店なだけに休日にはとても混雑していますがふらのバーガーなら行列に並ぶ価値大アリ☆オススメは高さ13センチもある、特大バーガー

ふらのバーガーの待ち時間に公園散策するのも一つの手ですよ!
ふらのバーガーを注文して、ボート1周すれば15分くらいは暇がつぶせる

木々の間からエメラルドグリーンの沼がこんにちは

鳥沼公園
鳥沼公園の大きさはわかりやすく言えば、東京ドームがおよそ2つ分に値します。小さくはありませんが、北海道基準でいえばとりわけ大きな公園というわけでもありません。鳥沼公園は、観光地として整備された公園ではなく、地元の人のお散歩コース、ピクニックやデートスポットとして利用されている公園なのです。

木々が開けるとそこには、大木や鮮やかな緑の林に囲まれ、深いグリーンを閉じ込めたまるで天然記念物のマリモが一同に集結したかのような色合いの沼が出現します。その緑の色はなかなか他では見る機会がないようなどこまでも深く、そして水面が宝石かのごとくキラキラと太陽に反射して、永遠の輝きと言われるダイヤモンドのようにすら私の眼にうつりました

神秘の緑。あの有名なロケ地にも

鳥沼公園
驚きの「緑の世界」が待っています。その美しさといったら、有名な美瑛の「青い池」や神秘のブルーに出会える「神の子池」にひけをとりません。

鳥沼公園で出会える色は、青ではなく緑。まるでおとぎの国の妖精でも住んでいそうな透明度は、ちょこっと沼をのぞき込めば沼の底が見えるほど。鳥沼公園の沼には湧水がふつふつとあふれていることから、この地域では珍しい不凍沼として存在しています。

『北の国から’98時代』や『華麗なる一族』などのドラマでもロケ地として利用されたことがあるんですよ。
ドラマのロケ地になったこともある鳥沼公園は密かな穴場スポット富良野には沢山の観光スポットがあります

湧水で透明度が高い沼

鳥沼公園
富良野市郊外にある自然を利用した静かな公園。湧水で透明度が高い沼であり水面に映る木々が大変美しいです。春には水芭蕉やザゼンソウ、夏には蛍、秋は紅葉が楽しめます。

多くの動植物が生息している自然公園。
沼の底が見えるほどの透明感はスゴイ!の一言、さすが北海道!秋になると、水面に紅葉が映し出されるのだが、この風景もこれまた抜群