紋別 あづま|紋別観光


BOSS



海鮮料理店の紋別あづま。オホーツク海で水揚げされた新鮮な魚介類を中心に低価格で提供します。メニューは驚きの100種類以上!お客様の多少のわがままを聞き入れながらお造りする良心的なお店です。

紋別 あづま|紋別観光

安くて美味しい郷土料理店
aduma

オホーツク海の毛ガニはもちろん、旬の真フグや道南で有名なゴッコ汁も提供しています。ゴッコとは、一見フグのようなずんぐりタイプの魚で、淡白な身でありながら厚みがあって、そこそこ美味しい魚です。ところが、ゴッコを汁物に調理するとダシがきいてプルプルとした食感に一変。ゴッコは身よりも卵がメインなので、器いっぱいに卵が広がります。食べ続けるとプチプチ感がクセになり、さらにコラーゲンが豊富なので美容に敏感な女性達がお替りをするほどです。

紋別あづまは、海鮮系天丼も有名です。少しの野菜とカニやエビを天ぷらにした豪快な丼物。天丼にありがちなべちゃっと感がなく、タレに浸かっていながらも表面はサクッとした食感がたまりません。

また、紋別あづまはコース料理や晩酌セットも充実。海鮮コースは5品で3,500円~、晩酌セットは5品と生ビール1杯付で2,500円となっています。ホームページを見ましたと告げると、現金会計のお客様に限りソフトドリンクが一杯付いてくるサービスも。海鮮料理を食べるなら、安くて美味しい紋別あづまで決まりです。

紋別 あづま|紋別観光

ワンコインランチ海鮮丼

紋別あづまは、なんといっても安さが魅力。ランチは海鮮丼や温玉ステーキ丼など、特別メニューが税込500円でいただけます。中でも海鮮丼は一番人気。ホタテやエビなど、旬の海産物をメインに、とても切れ端とは思えないほどボリューミーな丼物です。しかも、通常価格の丼物と食べ比べても全く味は劣らない。むしろ、この価格でこの美味さは、紋別あづまでしか食べることができません。

平日は、出張サラリーマンが多く、カウンターが満席になることもあります。店主は回転率を上げたいのか、長く居座ると少し不機嫌になることも。あくまでも噂レベルの情報なので、気にせずランチを楽しみましょう。海鮮丼ランチを狙うなら、開店の30分前に並ぶのがベスト。紋別あづまのランチは平日限定です。月曜日~金曜日のAM11:00~PM2:30までの限定メニューとなりますのでお忘れなく!

・平日限定500円ランチタイム
・日替わりランチ
・海鮮ランチ
・温玉ステーキ丼ランチ

水曜日はカレーライス、金曜日は麺類になりますので注意してください。

紋別 あづま|紋別観光

釣った魚を調理してもらえる

紋別の観光スポットで有名な、流氷砕氷船ガリンコ号。夏場の6月~9月は遊漁船として運航され、多くの釣り客が訪れます。釣った魚を持ち帰るのも良いですが、せっかくならその場で調理をして、新鮮なうちにいただきたいものです。紋別あづまは、釣りクルージングを利用したお客様に限り、釣った魚を調理して提供するサービスも行っています。

6月~9月は主にカレイ釣りが中心。カレイの種類にもよりますが、刺身・煮物・ムニエル・から揚げなど、紋別あづまでどんな調理をしてくれるのかも楽しみの一つです。

当たり前の話ですが、連絡なしで突然お店へ行くことはNGです。スタッフが小走りするほど込み合うお店なので、料金やメニューは事前に確認しましょう。また、紋別あづまはアクセスがちょっと複雑。オホーツクラインよりも一本海側の民家密集地になりますので、市内循環バスではなく車やタクシーで移動すると良いでしょう。

紋別 あづま|紋別観光

3月下旬は毛ガニがおすすめ

オホーツク海沿岸北部に位置する紋別市は、毎年3月中旬から下旬にかけて毛ガニ漁が解禁されます。実は、毛ガニの旬の時期というのは、あってないようなもの。地域によって獲れる時期が異なるため、一年中美味しく食べられる海産物でもあります。

特に海水温度の低いオホーツク海で獲れた毛ガニは格別。流氷が運んできた豊富なプランクトンで育つ毛ガニは、大ぶりで身入りが良く食べごたえ抜群です。しかし、最高級の毛ガニも塩加減やボイル調整を一歩間違えると、残念な味に。毛ガニを美味しく食べたい方は、紋別あづまへ行きましょう。こちらでは、水揚げされたばかりの毛ガニや活ガニを、店主自ら調理してくれます。毛ガニ本来の甘さと塩加減が絶妙で、一杯ペロリと完食してしまいます。紋別あづまは、カニのお刺身も有名。カニを活きたまま調理し、さらに冷たい流氷に浸けるのだとか。そうすると、花が開いたように身がふくらみプリッとした感触に。店主曰く、冷凍されたカニでは、このようにはならないのだそうです。また、カニを食べる時はスプーンやハサミを使わず、手と歯を使って豪快に食べるのが基本。地元ではこれが普通の食べ方で、歯茎に甲羅が刺さり血が滲むこともしばし。それだけ毛ガニが美味しいということです。

毛ガニは、捨てるところが一つもなし。濃厚な甘味とプリプリ感がクセになり、ついつい日本酒がすすみますよ。紋別あづまで、豪快新鮮な海の幸を堪能してください。

紋別 あづま|紋別観光