白老漁港|北海道の釣り場


BOSS



白老町ってどんなところ?

皆さんは白老町を知っていますか?
北海道の太平洋側に位置する街で、苫小牧市と登別市の間に挟まれた小さな町です。道外の方はピンと来ないかもしれませんが、北海道の方には道産の白老和牛と言えば馴染み深いかもしれませんね!実はこの白老町は有名な釣り場があることでも有名で、白老漁港は北海道の海釣り好きは一度は訪れたことがある釣り場だと思います。
今回はそんな白老町のおすすめの釣り場と美味しいグルメを紹介します。

白老漁港|北海道の釣り場

  • 住所|〒059-0921 北海道白老郡白老町石山15-4

白老町のおすすめの釣り場は?

白老町と言えば、太平洋に面する漁港の中でも北海道屈指の釣り場として知られる白老漁港があります。白老漁港は北海道の釣り場でも貴重となった、沖目まで続く長い防波堤があり、そのすべてが絶好のポイントとなっています。
狙える魚種も様々でほぼ通年で北海道内から多くの釣り人が賑わう大人気の釣り場です。
近郊の登別漁港や伊達漁港に比べると都市部からは遠いため、初心者向きの立地条件ではありませんが、漁港の近くにはローソンやセブルイレブンなどのコンビニもあり、釣りを1日中楽しみたい方には最高の釣り場です。

白老町では何が釣れる?

白老漁港は北海道の釣り場の中でも様々な魚種が狙える釣り場として知られています。サクラマスや鮭などの北海道内でも人気の魚種はもちろん、平物は真ガレイ、ソウハチなど様々な種類が狙えます。また良いサイズの根魚が狙える釣り場としても有名で、アブラコやソイはもちろん、鍋に入れると美味しい大型のカジカが釣れる漁港です。北海道のカジカは大きいものでは50センチを超える大型も狙えるため、食用としては申し分ありません。
カジカは水深が深い釣り場にこそ大物がいます。白老漁港は先述したように1キロ以上の長さの防波堤があり、その先端は水深もあります。餌でもルアーでも狙える魚であるため、白老漁港に来た際に狙いたい魚の一つです!
カジカは昼間の釣りでも狙える魚であるため、平物やアブラコと一緒に五目釣りを楽しむのがおすすめですよ。

白老町でおすすめの釣りのシーズンは?

北海道の釣り場の中でも様々な魚種が狙えることで有名な白老漁港は、狙う魚によっておすすめのシーズンが大きく異なります。
北海道の釣りのターゲットとして人気の鮭は9月から10月、サクラマスは鮭よりも早い初夏から秋にかけてがおすすめです。
また初心者でも手軽に狙いやすい、平物は春と秋にシーズンインする魚ですが、産卵するために大型の個体が釣り場に寄ってくる6月から7月が狙い目です。
アブラコやソイなどの根魚は真夏以外は通年狙える魚として有名ですが、こちらも活性が高く大型を狙いたい場合は水温が上がり始める7月前半、産卵に向けてアブラコが岸寄りする10月から12月までがおすすめです!
カジカも平物と同じく雪が溶け始める3月から6月前半までと大型が釣り場に岸寄りする10月から12月がおすすめです。アブラコや平物との五目釣りを狙うには北海道では若干気温は低くなりますが、10月後半がおすすめですね。この時期には鮭のシーズンはほとんど終わりに近づき釣り場の人も減少傾向にあるため、好きなポイントで釣りができる可能性も高いです!

白老漁港で釣りをする際の注意点

北海道の釣り場で狙える魚の中でも特に人気の高い鮭はシーズンに入ると多くの釣り人が漁港に訪れます。そのため他の魚種を中心に釣りをしたい方には鮭のシーズンである9月から10月は避けることをおすすめします。
白老漁港は先述した通り、1キロ以上の長さの大きな防波堤がある釣り場です。このクラスの防波堤で釣りができる釣り場は北海道でも限られています。特に先端付近は防波堤の高さも非常に高く万が一の事故が起きた場合は引き上げてもらうのも難しいです。子供はもちろん大人でも必ずライフジャケットを着用するように義務付けてください。
白老漁港は大きなテトラポットがある外海側が大物が狙えるポイントとしてベテランの釣り人にも人気です。しかしこちらも事故などのリスクが非常に高いポイントであるため、近づくのは危険です。
また防波堤には高さがあるため、大物がかかった際は魚を引き上げるのも難しいです。鮭やサクラマス、大型の根魚を狙う際は3m以上の長さになるタモ網を用意しておくと安心ですね。
上記のように初心者にはやや不向きな釣り場であるため、初めて釣りに挑戦する方や小さなお子さんがいる方には近郊の伊達漁港、登別漁港がおすすめです。
北海道の太平洋側に位置する大型の漁港は、どこも大型の魚が狙えるためおすすめの釣り場ですよ!

白老町のおすすめグルメスポット

北海道でも人気の釣り場、白老漁港がある白老町は、白老牛と呼ばれる北海道でも有数のブランド和牛が人気の町としても知られています。
もちろん、釣りだけではなく、美味しい和牛も味わってもらいたい気持ちは山々なのですが、釣りを満喫するためには手軽にご飯を食べて、いち早く釣り場に向かいたいですよね。そんな方におすすめのお店が白老たまごの里マザーズです。白老漁港がある36号線を苫小牧方面に10分ほど走ったところにあるこのお店はランチタイムのみ営業する美味しい卵料理を食べられるお店です!白老町内の農園で採れた卵を使った料理やお菓子が大人気で、北海道内では札幌市内にも支店もあります。
白老本店では、新鮮な卵を使ったお菓子はもちろん、ここでしか食べられないランチメニューも提供されており、中でも卵をたっぷり使った親子丼は衝撃を受ける美味しさです。笑
私は友人に誘われて白老漁港での釣りの際に初めてマザーズさんに行きましたが、あまりの美味しさにその時の記憶を今でも鮮明に覚えています。
濃厚な卵をたっぷり使った親子丼はお腹を満たすだけでなく、心も満たしてくれる特別なご飯です!また手軽に食べられるため、釣りの前のランチにも最適ですよ。ランチタイムは11時に始まるので、開店と同時に親子丼を食べ、お昼には釣り場に向かいましょうね!

まとめ

今回は北海道でも人気の釣り場として知られる白老町の白老漁港についてみていきました。
初心者にはやや難しい釣り場にはなってしまいますが、狙える魚種の豊富さは北海道内でも1.2を争うおすすめの釣り場です!特にカジカ、アブラコ、カレイなどを狙った五目釣りの場合は北海道の鮭釣りのシーズンが終わる10月後半が最適です。
食事などには徒歩圏内にローソンなどのコンビニもありますが、ランチタイムにのみ営業する同じ国道36号線を苫小牧方面に10分ほど走ったマザーズさんでは新鮮な卵を使った絶品の親子丼が食べられるため、白老を訪れた際は必ず立ち寄って欲しいお店です。
ぜひ皆さんも白老町で釣りとグルメを全力で満喫してくださいね!

白老漁港|北海道の釣り場

  • 住所|〒059-0921 北海道白老郡白老町石山15-4