入舸漁港|北海道の釣り情報


BOSS



入舸漁港 北海道の釣り情報

積丹半島は札幌から車で約2時間のところにある、北海道でも人気のスポットです。北海道ならでは大自然に囲まれており、積丹ブルーとも呼ばれる日本海の海は観光スポットとしてはもちろん、様々な釣り情報があがる北海道でも有数の釣りの名所です。積丹半島は大小合わせて様々な漁港はもちろんですが、磯釣りの名所が数多く存在し、根魚やホッケ、カレイ類などの様々な釣り情報が毎シーズンあがっています。今回はそんな積丹半島の中から、漁港としてはもちろん、磯釣りの釣り情報も多数あがる入舸漁港について詳しくみていきます。

入舸漁港 北海道の釣り情報

入舸漁港はどんなところ

入舸漁港は積丹半島の先端に位置する北海道の中では比較的小規模な漁港です。漁港全体に多数のテトラポットが設置されており、障害物周りには様々な魚の釣り情報があがります。また漁港の近くには積丹半島の中ではエントリーが簡単な磯場があるため、漁港での釣りだけでなく磯釣りも楽しめる北海道でも貴重な漁港です。もちろん磯場も漁港に負けない釣り情報が多数上がっており大型も期待できるおすすめのポイントです。北海道の中では小規模な漁港ですが、漁港、磯場それぞれ多数の釣り情報があがるため、ハイシーズンには多くの釣り人が足を運びます。

入舸漁港 北海道の釣り情報

入舸漁港では何が釣れるのか

入舸漁港はテトラポットが多く設置される、非常に障害物の多い漁港です。そのため積丹半島の中でも屈指のロックフィッシュの名所と言われています。特に北海道の日本海で人気のソイ類は、サイズ、数釣り共に通年で様々な釣り情報が飛び交う人気ポイントです。またソイだけではなく、ロックフィッシングの対象魚として北海道で定番とされるアブラコやカジカなどの釣り情報も豊富です。
北海道でも有数のホッケの釣り場、積丹半島であることから、入舸漁港では春シーズンにはホッケの群れが回遊してくることが多く、ジグなどのルアーや投げ釣りで狙えます。またヒラメやカレイなどの平物の釣り情報も多く、北海道の中でも良型が狙える数少ないポイントです。

入舸漁港 北海道の釣り情報

入舸漁港でおすすめのシーズン

入舸漁港は北海道で人気の魚種の中でも、ホッケや根魚、カレイの釣り情報が多い釣り場です。そのためそれぞれの魚種が最盛期を迎える春シーズンが積丹半島で最も釣りにおすすめの時期になります。特に4月以降はホッケの群れが回遊することが非常に多く、タイミングが合えば誰でも簡単に二桁の釣果をあげられます。また通年を通して釣り情報があがるソイも北海道では春のシーズンに大型の魚が産卵のために岸寄りするため、抱卵している大型のメスを狙えるチャンスです。北海道ではカレイやヒラメなども春の時期に釣り情報が増えるため、初めて釣りをする方にも春シーズンがおすすめです。

入舸漁港 北海道の釣り情報

入舸漁港におすすめのルアー

北海道ではホッケや根魚、カレイなどを狙う際には主にイソメなどを使った餌釣りの釣り情報が多いです。しかしせっかく積丹半島で釣りをするなら、ルアーを使って大物を狙って見るのもおすすめです。ワームは主にロックフィッシングに使用される北海道では定番のルアーの一つで、根魚を中心に多くの釣り情報があがる人気のルアーです。ワームは様々な種類のモデルが販売されていますが、シャッド系と呼ばれる小魚を模したモデルを使用すると根魚だけではなく、ヒラメやホッケなどにも効果的であるため、入舸漁港では非常におすすめです。使用する際は定番のジグヘッドリグを使い、ソイやホッケを狙う際は中層を中心に、ヒラメやアブラコ、カジカを狙う際は底を中心に探りましょう。またガルプやエコギアアクアなどの集魚効果が高い汁付きのワームは稀にカレイの釣り情報もあがっているため、初心者にはこちらもおすすめです。北海道では様々な釣具店で取り扱いがあり、余った場合もまた次のシーズンまで使用できるためおすすめです。

入舸漁港 北海道の釣り情報

入舸漁港で釣りをする際の注意点

入舸漁港は北海道の小規模漁港の中では魚影が濃く、テトラポットが多く設置されていることから様々な魚の釣り情報があがる高ポイントです。また磯場にエントリーが簡単にできるため、積丹半島の磯場の中では初心者にもおすすめです。しかしこれらのポイントは釣り情報も多数あがりますがら一歩間違えると海難事故に巻き込まれる可能性もある危険なエリアです。テトラポットに近づく際は必ずライフジャケットを着用し、スパイクブーツなどを履いた上で無理をしない程度に釣りを楽しみましょう。
また北海道の磯場はエントリーがしやすいポイントであっても、波や風、潮の満ち引きによって非常に危険度が高まります。こちらもライフジャケットやスパイクブーツはもちろん常に天候や潮の確認を忘れないようにしましょう。また他の北海道の釣り場にエントリーする際も必ず海の状況や立ち入り禁止エリアなどを釣り情報と同じく事前にリサーチすることも大切です。

入舸漁港 北海道の釣り情報

北海道の釣り情報 入舸漁港のまとめ

今回は漁港と磯場が隣接した北海道の中でも貴重なポイント、入舸漁港について詳しく見てきました。テトラポットも多く、磯場に近いため、ホッケ、カレイ、ヒラメ、根魚などの様々な釣り情報があがる積丹半島の中でも人気のポイントです。これらの魚は北海道では主に春シーズンに最盛期を迎えるため、釣り情報も豊富です。そのため釣りをする際は春シーズンが最もおすすめです。餌釣りなどはもちろん、北海道ではルアーフィッシングの定番とされている、ワームを使ったルアーフィッシングはこれらの魚にも効くためルアーフィッシングに初めて挑戦する方にも最適です。釣り情報が多いテトラポットや磯場は天候によって非常に危険なポイントでもあるため、ライフジャケットやスパイクブーツを用意し、安全第一で釣りを楽しみましょう。

入舸漁港 北海道の釣り情報