二セコ プラティーボ


BOSS



二セコ プラティーボ

ニセコにある人気レストラン「ニセコ プラティーボ」はランチタイムの野菜ビュッフェが好評のレストラン。週末になると道外からの観光客だけではなく、北海道民もドライブがてら訪れる人も多いスポットです。実は北海道では近年野菜をビュッフェ形式で提供するレストランが増えてきています。

二セコ プラティーボ|ニセコミルク工房

レストランなのに野菜がメイン
nisekoprativo

野菜がメインになるのは目からウロコですが、野菜本来の味を存分に味わえるなんとも贅沢な空間です。さらに北海道ならではの景色を見ながらの食事は、心も体もリラックスできる時間です。ニセコプラティーボはアイスクリームやジェラートで有名な高橋牧場が経営しています。もちろんプラティーボでも乳製品と野菜がコラボしたメニューや、飲むヨーグルトも味わえます。野菜のあらたな発見が満載のニセコプラティーボの魅力をお伝えします。

【ニセコ プラティーボ 詳細】
住所|北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1
電話|0136-55-8852
時間|ランチ 土日祝10:30~ 平日11:00~16:00(L.O.15:00)
ディナー 18:00~21:30(L.O.20:00)
※期間限定かつ貸切あり 要問い合せ
休日|ディナーのみ火・水

二セコ プラティーボ|ニセコミルク工房

プラティーボはニセコ初!野菜ビュッフェ付きレストラン

ニセコ プラティーボは2011年にオープンしたニセコにあるレストランです。ランチタイムでは肉や魚、パスタなどから自分の好きなメインメニューを選びます。メインが来るまで野菜ビュッフェコーナーで好きな野菜料理を取ることができます。種類もサラダからグラタン、デザートまでありますので、少しずついろいろなものを食べている人が多いようです。ドリンクもジュース類、飲むヨーグルト、コーヒーや紅茶も付いていますので何度も取り行きたくなります。

二セコ プラティーボ|ニセコミルク工房

行列もなんてことはありません

敷地内にはプラティーボ以外にもソフトクリームが有名なミルク工房やカフェ、ピザ屋さんも併設されています。夏は待ち時間が必須ですが、併設されている施設を見たり、建物の周りの広大な草原でくつろいだりして、皆さん北海道の自然を満喫しながら待っているようです。

四季折々の味わいを

野菜の種類は季節によって異なりますが、二セコプラティーボではドレッシングやソースなどが行くたびに変わっている印象で、何度もリピートする人が多いレストランです。ニセコプラティーボでは、時期によってディナー営業も行っています。ディナーは野菜ビュッフェではなくコース料理になっています。ワインの提供もあるので、ゆっくり料理を味わいたい人はニセコプラティーボのディナーに行くことをおすすめします。





地場の野菜をシンプルに頂く

ニセコのプラティーボでは素材の「素」を大切にしているそうです。野菜ビュッフェを見るとわかりますが、11つのお皿にある野菜は堂々と主役になっています。ニセコプラティーボではそれぞれの野菜の持っている味や香りを大切にした調理法を選んでいるということで、味付けも必要な分だけ。これは野菜を知っている人達の調理法です。プラティーボの野菜料理を実際に食べてみると、野菜本来の甘みやうまみが十分に感じられます。






乳製品とコラボメニュー”]北海道ニセコ町のじゃがいもの美味しさは全国的にも有名ですが、グラタンやニョッキのソースに牧場の牛乳やバター、チーズが使われ、さらに野菜を引き立てています。何度もかみしめたくなるニセコで自慢のレストラン、プラティーボの野菜ビュッフェは、明日へのパワーがみなぎるような満足度の高いものとなっています

二セコ プラティーボ|ニセコミルク工房

牧場経営者ならではの絶品ヨーグルト
nisekoprativo

プラティーボのリピーターの中には、レストランで出されているのむヨーグルトを目当てに来る人も多いそうです。併設されているミルク工房で作られている高橋牧場のむヨーグルトは、濃厚でクリーミーなヨーグルトで、プラティーボができる前から販売されている商品です。香料や酸味料、安定剤を使っていない自然の味を追求しているので、安心して飲むことができます。

美味しさのあまり、飲みすぎ注意です

一度も飲んだことがない人でも、プラティーボで飲んでみて、気に入れば帰りにお土産で買っていくこともできますね。高橋牧場のむヨーグルトはとても濃厚なので、野菜ビュッフェを楽しみたい人は、飲みすぎると野菜を十分堪能できないこともあるのだとか。ほんのり甘いのでデザートとして楽しむのもおすすめです。

二セコ プラティーボ|ニセコミルク工房

北海道の景色も一緒に
nisekoprativo

年々人気になっているニセコプラティーボは、開店前から行列ができることも多いようです。ただ、待ち疲れたという人はあまり聞きません。実はニセコプラティーボの周りは広大な草原が広がっていて皆さん思いのままに散策されています。芝生にトラクターや牧草ロールが置かれているところで写真を撮る人も見かけます。ザ・北海道という景色を堪能しながら待つことができるので気になる人も少ないようですね。お子さん連れのご家族も、広い敷地で走り回って遊びながら待つことができる場所はなかなかないのではないでしょうか。

羊蹄山がきれいに見えるスポット

レストランからは蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山を見ることができます。実はプラティーボは羊蹄山がきれいに見えるスポットとしても有名です。食事をする座席から羊蹄山がどのテーブルからも見ることができるそうで、四季折々の山の表情が楽しめます。雄大な北海道の自然を見ながら食べる料理は、何倍も美味しくなる気がしますね。

ニセコ プラティーボのまとめ

nisekoprativo

ニセコのレストランプラティーボの魅力についてお伝えしました。道産子で北海道の野菜を食べ慣れている私ですら、開店当初から何度もリピートしているお店です。これだけ野菜を美味しく食べられるお店は意外に少なく、コストパフォーマンスに優れたお店と言えます。プラティーボの料理ももちろん満足度が高いですが、北海道ならではの景色を見たり、どこまでも広がっているような草原や畑を散策したりして、自然の力で心も体もエネルギーチャージしている感覚です。ニセコ観光を考えている人は、ぜひニセコプラティーボを散策のプランに加えてみて下さいね。
【ニセコ プラティーボ 詳細】
住所|北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1
電話|0136-55-8852
時間|ランチ 土日祝10:30~ 平日11:00~16:00(L.O.15:00)
ディナー 18:00~21:30(L.O.20:00)
※期間限定かつ貸切あり 要問い合せ
休日|ディナーのみ火・水

二セコ プラティーボ|ニセコミルク工房