ニセコ 黄金温泉|ニセコ 秘湯温泉


BOSS



農業用の井戸を掘ったら温泉が湧いた!?こんなことって本当にあるんだ!なんていう実話です。こちらのニセコ 黄金温泉、店主様が自家製で温泉を造ったそうで。何やら聞くところによると、温泉の始まりは農業用の井戸を掘ったことが黄金温泉の始まりだったらしい!井戸を掘っていたところ、突然温泉が湧いているということに気付き、内湯から露天風呂まで全て自分で造り上げたそうですよ!日帰りのみ行っている温泉なだけに、観光客にはあまり知られておらず、お客さんといえば地元の常連さんが多いらしく”秘湯”として密かに人気だ!これは一度行く価値アリ!の温泉です!

黄金温泉 手打ち蕎麦|ニセコ 秘湯温泉

早めに行けば、注文してから手打ちをしてくれるめちゃくちゃ旨いお蕎麦を食べることができちゃいます。ニセコ 黄金温泉行ってきました。せっかくなのでお蕎麦のセットをお願いしたら、「今から打ちはじめるから1時間くらいゆっくりお風呂入っておいで~」とご主人と奥様が優しく対応してくださいました。

お蕎麦を注文してからお風呂に行くのがお勧めです。限定20食のご主人手打ちの蕎麦と入浴のセット(1,000円 大盛は1,300円)という料金もあります。

黄金温泉|ニセコ 秘湯温泉

  • 住所|〒048-1323 北海道磯谷郡蘭越町黄金258-1
  • 電話|0136-58-2654
  • 時間|10:00~20:00 ※19:30にはお湯が止まります
  • 休日|5月~10月以外は定休日 期間限定営業です
  • 交通|JR函館本線「ニセコ駅」から9キロ、車で15分、「昆布駅」から3キロ、車で4分。

黄金温泉 狸さんがお出迎え|ニセコ 秘湯温泉

いかにも「いらっしゃ~い」といったような雰囲気の狸さんがお出迎え♪入口にいるふたつのタヌキ。かわええ。木の上に立ってるやんか!

あのたぬきさんたち、黄金温泉の優しいご主人と奥様にどことなく雰囲気が似ている気がするのは気のせいだろうか?

黄金温泉の愛情あふれる脱衣所|ニセコ 秘湯温泉

中に入ると手作り感満載の脱衣所があります!休憩できるソファにテーブル、トイレに洗面台、コインロッカーまで完備されています。

ツーリング途中になんとなく寄った「ニセコ 黄金温泉」初めていきました!優しいご主人に出迎えられ、いざ温泉へ!脱衣所は、なんだかばあちゃん家の風呂に似ていてビックリしたことが今でも良い思い出!なんていうか心が落ち着く空間でした!

壁を見ると、パーティクルボードが貼ってあり手作りの建物という感じがしました。北海道らしいワイルドさがあって、なかなか味がある雰囲気です。

黄金温泉は手造り温泉|ニセコ 秘湯温泉

簡易ではあるものの、秘湯としては珍しくシャワーがついているのでゆっくりシャンプーをすることもできますよ!

黄金温泉は”秘湯”とか”ご主人手作りの温泉”とか色々噂を聞いていたのでてっきりシャワーはないかと思ったら意外や意外にシャワーがついていてビックリしました。

黄金温泉は天然温泉|ニセコ 秘湯温泉

温泉だからこそ、岩に温泉成分が沈殿してしまって色が変化しています。天然温泉だから、内湯や露天風呂の岩や通路の色が変色してしまっています。

最近の若い者は温泉を知らないのか、これを汚いと言う。しかし私はこうした岩の色の変化を見ながら天然温泉を見分けながら遊びにくるのだ。こんなところにこれだけの温泉が湧き出るなんて、こんな幸せな話はないだろうな

黄金温泉の手書きの張り紙|ニセコ 秘湯温泉

黄金温泉のご主人なのだろうか?奥様なのだろうか?ただの手書きの張り紙なのだが、なぜだか心が温まる。内湯の壁に「ヨモギです。アブよけにやっています」とのことで書かれた張り紙があった。しかし実際それらしきものはなかった。

「好意的見つめ 男女の体のふれ合 やめて下さい 金魚が言て居ります(原文ママ)」と書かれた札が、浴槽縁と金魚が泳ぐ池の間に立てられていました。これ見てつい笑ってしまいました。

黄金温泉の肌に伝わるお湯の鮮度感が抜群|ニセコ 秘湯温泉

釜湯と寝湯は各槽ともお湯は底から供給されています。それぞれお湯が底から湧いているからか、お湯が外気に触れる機械がないため内湯や露天主浴槽と同じお湯であるとは思えないほどの透明度!

浴槽に体を沈めたときに肌に伝わるお湯の鮮度(?)がとてもイイな、ということがわかるぐらい鮮度の良いお湯!

炭酸泉が黄金温泉で楽しめる|ニセコ 秘湯温泉

炭酸泉の魅力は数知れず。炭酸泉の魅力は、炭酸とお湯のあたたかさによって血行が良くなり、体の汚れを浮かせて落とすといわれています。

湯船に浸かってしばらくすると、全身が炭酸ガスのアワアワで覆われるのです。炭酸の温浴効果によって体の芯から温まり、湯上がり後もしばらくはポカポカ感が持続しました。