オシンコシンの滝|知床羅臼観光


BOSS



途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。滝の中ほどの高さまで階段で上がることができ、なかなか迫力があります。また、滝の上にある展望台からはオホーツク海や知床連山を遠望することができ、特に流氷の季節は絶好、見渡す限りの白い海原が感動的です。「日本の滝100選」にも選ばれています。

オシンコシンの滝|知床自然八景の一つ 知床・羅臼 観光

オシンコシンの滝があるウトロ地区は斜里市街から国道334号を知床岬方面に約50キロの位置にあります。斜里市街からの所要時間は自動車でおよそ40分程度です。オシンコシンの滝は、途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれていて、滝の中ほどの高さまで階段で上がることができ、なかなか迫力のある滝を見ることができます。

知床自然八景の一つで、「日本の滝100選」にも選ばれています。斜里町ウトロから斜里方面に約5km。車で約10分で到着します。定期バスは一日6本しかありません。

オシンコシンの滝 知床・羅臼 観光

  • 住所|北海道斜里町ウトロ高原
  • 電話番号|0152-44-5849

 冬のオシンコシンの滝 知床・羅臼 観光

北海道・オホーツクの知床のオシンコシンの滝。滝が二つに分かれて、凍結している部分の凍結していない部分に完全に分かれています。滝の上にある展望台からはオホーツク海や知床連山を遠望することができ、特に流氷の季節は絶好、見渡す限りの白い海原が感動的です。

知床最大級の滝で、滝の横にある階段を登って行くと、眼前に迫力満点の滝が見え、水しぶきがたまりません。冬期は大部分が凍結し、見事な氷柱を作りこれも見逃せません。国道334号線から少し内陸側の高い場所を走ると、途中でオシンコシンの滝を上から眺めることができます。隠れスポット的な場所です。

オシンコシンの滝のエゾシカ達 知床・羅臼 観光

基本的に森林などの自然度の高い環境に生息しています。農地といった人間に近い環境を生活の場とするものも多いです。学校や市街地などの都市部に出没するエゾシカも増えています。羅臼町やウトロ町では、エゾシカが普通に徘徊し、出産・子育てをしています

また冬になったら、オシンコシンの滝に向かう途中にエゾシカ達が寄ってきてくれ、コミニケーションをとることが出来るかもしれないですよ。

オシンコシンの由来 知床・羅臼 観光

エゾマツは樹皮が黒褐色でうろこ状に割れ目が入るのが特徴です。当年枝の表面は滑らかでやや淡色、天然には広葉樹やトドマツなど他の針葉樹と混交して自生しています。北海道の針葉樹林の主要樹種であり「北海道の木」にも指定されています

豆知識として、オシンコシンとは、アイヌ語の「オ・シュンク・ウシ・イ」が訛ったもので「川尻にエゾ松が群生するところ」という意味だそうで、源は遠音別岳の中腹にあります。

またオシンコシン展望台から見る景色がまた絶景です。タクローは、「開いた口が閉まらない」状況になっていて、バスでは来れない場所になっており、この絶景を見せる為に観光タクシーなどがよくココへお客さんを連れて来ている。バスでは来れない隠れた絶景の場所ですよ