測量山|登別洞爺観光


BOSS



開拓使の陸地測量兼道路築造長である米国人技師ワーフィールドが測量を行うために登ったことから、「測量山」と名付けられました。アイヌ語では「ホシケサンベ」(先に現れるもの)と呼ばれ、沖合いでの漁から絵鞆や湾内に戻る際、測量山を目印としていたものと思われます。

測量山の電波塔はライトアップされる|登別洞爺観光

標高約200mの山頂から、白鳥大橋をはじめ、室蘭港の夜景を一望できる最高のスポット。条件が良ければ、隣接する登別市や伊達市、また噴火湾を挟んで対岸の森町や函館市(旧南茅部町)のまち明かりも見る事が出来ます。

ここに立っている7本の電波塔は、日没から深夜0時まで色とりどりライトアップされ、迫力ある光景を目の当たりにできます。お越しの際は一度お立ち寄りしてみてはいかがでしょう?

360度大パノラマで楽しめる展望台もあり、ここから室蘭市全体をはじめ噴火湾、昭和新山、有珠山、羊蹄山などを望むことができます。ここから見る室蘭港の夜景や山頂の電波塔のライトアップを含めて室蘭八景に数えられています。

測量山|登別洞爺観光

  • 住所|室蘭市清水町1
  • 電話番号|室蘭市役所:0143-22-1111

測量山は紅葉の名所|登別洞爺観光

自然豊かな測量山は、紅葉の季節にはまた違った趣を見せてくれます。360度の大パノラマで楽しめる展望台もあるのでおすすめです。測量山を含む周辺一帯は、“測量山緑地”として市民に親しまれ、また、野鳥の宝庫としても知られています。

面積は119.5ヘクタールあり、緑地内には植物が約500種、動物は野鳥類のほか、昆虫類が豊富で青少年の自然観察の場となっています。紅葉の時期には行くとまた普段と違う趣を見せてくれます。

測量山の光と音の満月祭|登別洞爺観光

測量山展望台駐車場から特殊サーチライトによる「光の彫刻」が作られています。2007年にスタートした光のアートプロジェクト。少しでも多くの皆様に室蘭の素晴らしさを伝えられないかと言うことで始まったプロジェクトです。

毎日ライトアップされている測量山から12本のサーチライトが天に向かって自由自在に動き光の柱を描きます。その動き、光景はまるで夜空をキャンパスに光の筆で何かを描いているようで見ている人々全てを虜としてしまいます。フェリーターミナルではジャズ演奏や、出前科学館などが行われます

測量山のライトアップは奇跡の灯|登別洞爺観光

頂上にある展望台からの夜景は、工場群と街並みの明かりが港に映え、あふれるロマンを感じさせる。また、市民の申し込みによりライトアップされる6本のテレビ塔は、室蘭市民の心の灯として親しまれている。

街を思う気持ちから始まったライトアップは感謝や追悼の想いを灯す場として幅を広げ、希望の灯 (ともしび)となって街を彩り続けています。

測量山のテレビ電波中継塔|登別洞爺観光

1988年7月29日から31日に開催された「むろらん港まつり」に合わせて、北海道電力室蘭支店が最初の測量山電波塔のライトアップが行われました。当初、ライトアップ設備は、お祭り期間が終了すると他の都市へ移設される予定でしたが、継続を願う多くの市民の声に応え、室蘭ルネッサンスがその設備を引き受け、1988年11月26日、測量山のライトアップの点灯が始まりました。

また測量山から見る室蘭港の夜景は、港内を取り巻く工場群やフェリー埠頭、白鳥 大橋などの灯りが水面に映えて美しく輝き、見る場所によってさまざまな表情を見せてくれます。