さけ科学館|札幌千歳観光


BOSS



カムバック・サーモン運動「札幌市内を流れる豊平川にサケを呼び戻そう!」をきっかけに造られた、豊平川におけるサケの回帰や生態を観察できるユニークな科学館です

札幌市豊平川さけ科学館はこんなところ|札幌千歳観光

札幌市豊平川さけ科学館は、イトウなどサケ科20種の水槽展示と、秋には屋外の観察池でサケの産卵シーンが見られる科学博物館。

カムバックサーモン運動の歴史や豊平川におけるサケの年表をはじめ、映像プログラムやサケと人の関わりについての解説した資料などが展示されています。

館内の水槽では、ニジマス、ヤマメ、イトウなどのサケ科の魚や札幌の淡水魚を飼育、展示しています。その他の活動として、札幌近辺の魚など水生生物の調査を行っています。

サケの卵の飼育がじっくり見ることができる採卵ふ化室|札幌千歳観光

さけ科学館は道立真駒内公園内にあり、付近には1972年の札幌冬季オリンピックの舞台となった真駒内セキスイハイムアイスアリーナや同スタジアムがあります。すぐ横には豊平川とその支流の真駒内川が流れています。おもな展示施設には、本館、さかな館、屋外かんさつ池があります。

本館では、約20種類を一年中展示しています。採卵ふ化室はサケの採卵受精作業や卵の飼育をする部屋で、時期にはガラス越しにその様子を見ることができます。

札幌市豊平川さけ科学館は季節ごとのイベントがいっぱい|札幌千歳観光

サケの稚魚を放流したり、帰ってきたサケの観察をしたりと季節ごとのイベントが催されています。さけ科学館では、館内を見るだけではなく、実際に体験して学びたい、という要望にこたえるため、いろいろな行事・実習をおこなっています。

5月にはサケ稚魚体験放流があり、その他、さかなウォッチング、さっぽろサケフェスタ、採卵実習、サーモン・ウォッチング、サケ皮で靴づくりなどが行われます。私も実際、サケ稚魚体験放流や採卵実習は参加した事があります。体験放流とさっぽろサケフェスタ以外の上記実習は、事前の申し込みが必要です。

札幌市豊平川さけ科学館のアクセス方法

札幌駅から地下鉄南北線に乗って約35分で真駒内駅に到着します。地下鉄南北線終点「真駒内駅」からじょうてつバス[南90]・[南95]・[南96]・[南97]・[南98]・[環96] 系統のいずれか乗車、「真駒内競技場前」停留所下車、徒歩4分です。

バリアフリーも完備しており本館、さかな館、実習館の入口にスロープ設置。館内は、地下観察室のみ階段でのアクセスとなります。

障がい者用トイレ(多目的スペース)は本館に1ヶ所。入口は自動ドア、電動車いすの方も使用できます。トイレ内にベビーベッド・ベビーチェアがあります。貸出用車いすは1台(ベビーカーはありません)用意しております。